designo

もの・ことのデザインを勉強中

新・ロンドンデザインミュージアムの1年目 (その1)

f:id:hishi0029:20170728001621j:plain

 移転前のがどんなのかは全く知りませんが、

2016年11月にLondon Design Museum はテムズ川南側からロンドン西部Kensingtonへと移転した。ちょうどロンドンの大学に通っていた年だったので、学生会員 (年間£45)となり計5回ほど訪れたので、その所感を書いていきます。

 

f:id:hishi0029:20170727234840p:plain

 場所はあんまりおもしろくない

ロンドンの中心部から電車やバスで10~20分ほどでアクセスできる。ロンドン西部に位置するので、階級感漂う。みたいな場所だが、High Street Kensington駅からミュージアムまではお店が並ぶ生活感のある通りだった。ミュージアムの隣にはHolland Park という美しい公園がある。

 

f:id:hishi0029:20170728004842j:plain

f:id:hishi0029:20170728004905j:plain

f:id:hishi0029:20170728035518j:plainf:id:hishi0029:20170728054444j:plain

 Common wealth institutionの跡地に、その特徴的な屋根を以前のまま残し建設された。移転の1番の理由は、以前のものが狭かったからと。内部は回廊となっており、常設展と無料の特別展が2階、有料の特別展が地下と0階で行われていた。無駄のない動線というよりは、回り道の内部空間という印象。

 

f:id:hishi0029:20170728041725j:plain

f:id:hishi0029:20170728041854j:plain

f:id:hishi0029:20170728041927j:plain

f:id:hishi0029:20170728041829j:plain

 建物に入ってすぐに感動するような内部空間ではないが、吹き抜けを回っていきながら階を上がっていくと露骨な屋根に近づく感じが面白かった。

f:id:hishi0029:20170728043244j:plain

f:id:hishi0029:20170728045405j:plain

f:id:hishi0029:20170728045432j:plain

学生ならメンバーになった方が良い

基本的にロンドンにあるミュージアムは観光客だろうが無料で入場できるのだが、デザインミュージアムの特別展は約£10~ほどかかる。だいたい2つの特別展が同時に行われている。年間に4つほど特別展が行われるため学生会員はお得である。会員特典としてはショップの10%オフやラウンジの利用、講演会への参加などがあった。( 一般会員は£65、当日券の学割もある ) 常設展と最上階で行われる特別展は誰でも無料で見ることができる。 

f:id:hishi0029:20170729162148j:plain

Openから2017年の6月までの特別展

Fear and love
Beazley Designs of the Year
Designers in Residence 2016
Imagine Moscow 
AXA PPP Health Tech & You -2017
NEW OLD
California: Designing Freedom
上記のほぼ全ての特別展に訪れたので、次回からはその内容や常設展について書いていきます。