新・ロンドンデザインミュージアムの1年目 (最後)

DESIGNER MAKER USER

f:id:hishi0029:20170728050750j:plain

美しさと新しさを時代に合わせて更新してきた流れ

常設展は最上階の2階にあり、いつでも無料で見ることができる。種類、ブランド、時代で区別されている。大型の3Dプリンターも置いてある。

この常設展はデザイナー、メーカー、そしてユーザーの3つの観点からデザインを探求する。どのようにデザイナーがメーカーとユーザーのニーズに応じるか。ユーザーがどのように消費し、デザインに影響するか。そして、技術革新や製造工業がどのように世界を変容していくか。

f:id:hishi0029:20170801181349j:plain

f:id:hishi0029:20170801181401j:plain

f:id:hishi0029:20170801181414j:plain

f:id:hishi0029:20170801181429j:plain

f:id:hishi0029:20170801181444j:plain

From spoon to city

誰でも考えれて、作れて、使える時代だからこそ、デザイナーはどのように考えて、なぜそれを作るのかではなく、なぜそう考え、どのように作るのかを追求しないといけない。

ピクトグラムのくせが気になってた。

f:id:hishi0029:20170801182121j:plainf:id:hishi0029:20170801181247j:plain

Tate Modern や Royal College of Art のサイン計画を手がけたCartlidge Levene がデザインミュージアムのサイン計画も担当した。

Recent | Cartlidge Levene

 

建物内のサインには、ドイツのグラフィックデザイナー Otl Aicherが1970年代にデザインした'seminal pictgram'から採用したとのこと。ミュンヘンオリンピックの競技ピクトグラムは、ピクトグラムの原点みたいなもの。採用理由は、「ミュージアムのオブジェとしてのピクトグラム」であるべきと。

www.piktogramm.de

 

「the Design Museum」logotypeなどのcorporate identity担当は Fernando Gutierrez

fernandogutierrez.co.uk

 

移転したロンドンデザインミュージアムに訪れて、自分たちのデザイン文化や歴史に固執するのではなく、世界の流れの中で、特別展では柔軟に問いを発し、常設展ではデザインを定義づける試みをしているように感じた。

 

メモみたいに自分の所感を書いてきましたが、こちらの記事は完璧にまとまっていますのでぜひ ↓

 

www.itsnicethat.com

 

 

その1

新・ロンドンデザインミュージアムの1年目 (その1) - designote

その2

新・ロンドンデザインミュージアムの1年目 (その2) - designote

その3

新・ロンドンデザインミュージアムの1年目 (その3) - designote